某社の電源の基板です。フラックスの洗浄が不十分みたいで、基板の表面が白濁しています。
しかも、別の場所では錆びが浮いていたりしていました。
 箱をあけると、当然保証がなくなり、万一事故が起きても自己責任を覚悟する必要が有ります
が、しかしあけるのが怖いぐらいいい加減な作りのものもあります。